投稿

新作ゲーム【トラブルメイカー ラッキー】作成中

イメージ
新作情報 ■現在制作中のADVゲーム「暗黙と代償」と並行して作成中の 地球外生命体の赤ちゃんを育成するiPhone・android向けアプリゲーム 「トラブルメイカー ラッキー」を制作中です! 2018年9月公開予定。


ストーリーある日、一人暮らしをする「あなた」の所に、
道端で拾った可愛らしい「子犬」を持った「お母さん」が訪れた。


▲お母さんが拾ってきた「犬」…?

母「あなたが寂しいかと思って、拾って来ちゃった!
一緒に住んでみたらどうかな?」



▲「あなた」のお母さん

「あなた」があっけに取られていると、どこからだろう、
謎の「声」が頭に響いてきた――。

謎の声「私はN宇宙惑星のN宇宙ゲーム惑星人。名をミステリーという。
君が犬だと思っているそれは、私が造り上げた最高傑作の生物兵器その名も…
ラッキーだ!

ミステリーは「あなた」に“ラッキーを立派な生物兵器に育てろ”と命令する。
さらに、期限は地球時間で1年――

「それまでに立派な生物兵器に育てなかった場合、
もしくは殺してしまった場合、容赦なく地球を滅亡させる!」
「もちろん、他言した場合も容赦なく滅亡させる!」
と脅迫してきた!?

こうして、「あなた」「地球外生命体ラッキー」との
奇妙でトラブルにまみれた生活が始まるのであった――


ゲーム概要タイトル 「トラブルメイカー ラッキー ~お母さんが拾ってきた犬は地球外生命体だった!?~」
ジャンル 地球外生命体育成ゲーム

▲メイン画面(※開発中)

ラッキーを最強の生物兵器として育てるのか…、 それとも、心優しい家族として育てるのか、それは「あなた」次第!

トラブル多き訪問者達 ラッキーの世話だけでも大変な「あなた」のもとには、 ラッキーの噂を聞きつけた、様々な「訪問者」達が訪れます。
地球を買い付けに来た「バイヤープリンセス」…。 珍しい生き物を狩り、売りさばく「エイリアンハンター」…。 時には、「あなた」の「友人」、「お母さん」でさえも とんでもないトラブルを持ち込むことが…。



▲珍しい生き物を狩り、売りさばく「エイリアンハンター」。
彼女の次の標的はラッキー?

▲若者の間で密かに流行っている「ハニワ教」
彼らの目的とは…?

最新情報はTwitterのモーメントをご覧ください! 【地球外生命体育成ゲーム「トラブルメイカー ラッキー」】

※内容は開発中のため変更され…

「鼈口飴」のSteam配信が開始されました

イメージ
Steam配信開始 本日4月12日より、鼈口飴の日本語/中国語版のSteam配信が開始されました。


中国版の翻訳 この度は「pujia8スタジオ」様に中国語翻訳及びSteamでの配信を行って頂きました。
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

「pujia8スタジオ」様は、これまで様々なゲーム翻訳のご活動をされているそうです。
今後一層のご活躍をお祈りいたしております。
「pujia8スタジオ」様のWebサイト

ゲームデータの改修 また、本配信につきまして、鼈口飴の改修を行しました。
Ver3.01の改修内容蛾などの一部敵の速度を変更二章の敵を1体削除(それに伴う評価基準変更)主人公の攻撃が雑魚敵に当たったときの演出を目立つように変更敵の攻撃がからぶりするように修正 主人公が強い敵に発見されたときの演出を目立つように変更









さいごに これまで「しげまろ+うーが」のチーム名にて「鼈口飴」のWebサイトやふりーむ様等での公開を行っておりましたが、すべて「Mt.babmoo village」のチーム名に変更します。
それに伴い、Webサイトを以下のURLに引っ越しました。
http://mb-vil.com/bekkoame/home.html


現在次回作を開発中ですが、諸事情により8月公開になりそうです…(早く公開したいなぁ)。
これからも、よろしくお願い致します。

探索ホラーADV「暗黙と代償」メインテーマ作曲者募集(有償)

イメージ
※募集は終了いたしました!
ご応募いただきました皆様、ありがとうございます!後ほどご連絡させていただきます。
また、Twitter等で広めていただいた皆様にも感謝いたしております。
本当にありがとうございました!!

■この度、現在制作中の探索ホラーADV「暗黙と代償」のメインテーマを作曲してくださる方を募集いたします。

下記内容をご一読のうえ、専用応募フォームからお申し込みください。
※応募フォーム以外からのお申し込みは受付兼ねます。
※制作されるご本人からの応募のみ受付ております。
※代理応募や第三者からの応募は受理しかねます。
予めご了承ください。
【作品紹介】概要はこちらをご覧ください

【ゲームの雰囲気】 ・繊細
・しっとり
・暗い

【依頼曲数】 1曲

【楽曲の使用用途】 ・タイトル画面
・作品紹介動画・・・など

【募集期間】 2018年4月16(月)
23:59まで

【選考】 ①受付締切後、選考ののち、一週間以内にご連絡させていただきます。
②選考基準につきましては、サンプル音源などを参考とさせていただきます。
※なるべくでしたら、曲調の違う曲を複数送っていただけますとありがたいです

【契約形態】 請負契約となります。

【お支払い】 ①制作いただきました曲については、後日料金をお支払い致します(応募フォームにて希望金額をお聞かせください)
②料金のお支払いは制作頂きました曲の納品後となります(前払いはお受け兼ねます)
③お支払いは銀行振込のみとなります(ご本人名義・または会社名義のもの)

【ご契約の流れ】 ①選考後、こちらから契約書をお送りいたします。
②契約内容をご確認のうえ、同意して頂ける場合はサインをし、契約書をご返送して頂きます。

【応募フォーム】【「暗黙と代償」メインテーマ作曲者募集申し込みフォーム】
※募集は終了いたしました。
【お問合せ】 ご不明な点などございましたら、下記フォームよりお問合せください。
【お問合せフォーム】

※お申込み情報は本件以外の目的で使用致しません

新作ホラーADVゲーム「暗黙と代償」1

イメージ
今回は開発中のゲームについて紹介させていただきます
(内容は開発中のため変更される可能性があります)。


物語教えてあげる。ここから出るためにはね、
この中の誰かが生贄にならないといけないの――

「ねぇ、今度三人で一緒に旅行に行かない?」
そんな友人の一言から、わたしは三人で旅行に行くことに。 山に囲まれた温泉街を満喫していた三人。
しかし、“あること”をキッカケにわたしたちは「不気味な場所」に捕らわれてしまう――
まったく人気のない、朽ちた建物と雪が降るだけの場所。
ときおり闇の中でうごめく影が、わたしたちに襲い掛かる。

脱出するには友人を犠牲にしなければならないのだろうか……?



友人たち
シグレ
綺麗で大人っぽく、二人にって頼れるお姉さんのような存在。
子供の頃に、旅行先「花ノ牧温泉」に住んでいたことがあるらしい。


ヒナタ
スポーツ万能なくせにドジな、明るいムードメーカー。
よく何もないところでよく転んでいる。



ゲーム概要タイトル
「暗黙と代償」(あんもくとだいしょう)

ジャンル
分岐探索ホラーADV


▲楽しみにしていた旅行

▲彼女は何か知っている……?


▲探索して物語を進めて行こう


あなたの行動や選択によって、三人の運命が決まる
雪の降りしきる世界を舞台に、3人の「秘密」が交差するADVゲーム



次回は、「ゲームシステム」について紹介します!

※最新情報はTwitterのモーメントをご覧ください。
【ホラーADVゲーム「暗黙と代償」】

SECCON Beginners 2017 長野に参加してきた!

イメージ
突然のお誘い T氏「SECCON Begginersが長野であるから参加するよ!」
私  「え? オイラもか?」
T氏「登録してね!」
私  「は、はい」

そんな感じでSECCCON Beginnersに参加することに。
私自身CTFの問題を見たことはあるけれど、さっぱり要領が掴めなかったので興味がありました。

SECCON Beginnersって? SECCON Beginners(旧CTF for ビギナーズ)は、
コンピュータセキュリティ技術を競う競技であるCTF (Capture The Flag) の初心者を対象とした勉強会です。引用元: http://2016.seccon.jp/news/#150

初心者向けの勉強会ですので、コンピュータセキュリティ技術の入り口という内容です。
コンピュータセキュリティというと堅苦しい感じがするかもしれませんが、例えばCTFのクイズ形式※1は謎解きみたいな感じで面白いものですよ!
Wikipedia先生によるとCTFは「ハッキング大会」とも呼ばれるそうです。



いざ長野へ出発! 長野で朝から開催とのことで、朝6時に起床して出発。


(新幹線でエネルギーを蓄える)


(長野に着いたぞい。私にとっては初長野です)

会場の株式会社電算様まで徒歩15分ほどかかりましたが、当日は快晴で気持ち良く目的地に向かいました。受付開始頃に到着し、さっそく受付を済ませ会場に。
ワクワクしながら着席。

(始まる前の会場の様子)


(準備万端だぜ!!)

勉強会開始 午前の部は「オリエンテーション、情報倫理」と「Web講義」。
講師の皆さんはなんと! 東京大学とか筑波大学とかの学生さんでした!

 情報セキュリティに関する知識について学ぶ前に、まずは倫理面のお話を聞きました。
法律面もかじっておこうねサービス提供元(国が違うこと)によって法律が違うんだよ脆弱性になり得ると思ったらIPAに報告しようねサービスの問題を発見したら、確証を得るまで調べず寸止めにしようね
と言った感じです。

Web講義

講義内容は、バグバウンティ制度※2はいいぞという話でした。
と言うのは冗談で、ここではHTTPの中身の確認の仕方とWebアプリの脆弱性(ディレクトリトラバーサルとSQLインジェクション)について学びました。講義は演習を挟みながら進んで行きます。
時間が押してしまい…