投稿

新作ホラーADVゲーム「暗黙と代償」1

イメージ
現在、年内リリースに向けてゲームを開発中です。
※年内公開を予定していましたが、諸事情により公開を延期させていただきます。
その代わり、近々体験版の公開を予定しております。

今回は開発中のゲームについて紹介させていただきます(内容は開発中のため変更される可能性があります)。


物語教えてあげる。ここから出るためにはね、
この中の誰かが生贄にならないといけないの――

「ねぇ、今度三人で一緒に旅行に行かない?」
そんな友人の一言から、わたしは三人で旅行に行くことに。 山に囲まれた温泉街を満喫していた三人。
しかし、“あること”をキッカケにわたしたちは「不気味な場所」に捕らわれてしまう――
まったく人気のない、朽ちた建物と雪が降るだけの場所。
ときおり闇の中でうごめく影が、わたしたちに襲い掛かる。

脱出するには友人を犠牲にしなければならないのだろうか……?



友人たち
シグレ
綺麗で大人っぽく、二人にって頼れるお姉さんのような存在。
子供の頃に、旅行先「花ノ牧温泉」に住んでいたことがあるらしい。


ヒナタ
スポーツ万能なくせにドジな、明るいムードメーカー。
よく何もないところでよく転んでいる。



ゲーム概要タイトル
「暗黙と代償」(あんもくとだいしょう)

ジャンル
分岐探索ホラーADV


▲楽しみにしていた旅行

▲彼女は何か知っている……?


▲探索して物語を進めて行こう


あなたの行動や選択によって、三人の運命が決まる
雪の降りしきる世界を舞台に、3人の「秘密」が交差するADVゲーム



次回は、「ゲームシステム」について紹介します!

※最新情報はTwitterのモーメントをご覧ください。
【ホラーADVゲーム「暗黙と代償」】

SECCON Beginners 2017 長野に参加してきた!

イメージ
突然のお誘い T氏「SECCON Begginersが長野であるから参加するよ!」
私  「え? オイラもか?」
T氏「登録してね!」
私  「は、はい」

そんな感じでSECCCON Beginnersに参加することに。
私自身CTFの問題を見たことはあるけれど、さっぱり要領が掴めなかったので興味がありました。

SECCON Beginnersって? SECCON Beginners(旧CTF for ビギナーズ)は、
コンピュータセキュリティ技術を競う競技であるCTF (Capture The Flag) の初心者を対象とした勉強会です。引用元: http://2016.seccon.jp/news/#150

初心者向けの勉強会ですので、コンピュータセキュリティ技術の入り口という内容です。
コンピュータセキュリティというと堅苦しい感じがするかもしれませんが、例えばCTFのクイズ形式※1は謎解きみたいな感じで面白いものですよ!
Wikipedia先生によるとCTFは「ハッキング大会」とも呼ばれるそうです。



いざ長野へ出発! 長野で朝から開催とのことで、朝6時に起床して出発。


(新幹線でエネルギーを蓄える)


(長野に着いたぞい。私にとっては初長野です)

会場の株式会社電算様まで徒歩15分ほどかかりましたが、当日は快晴で気持ち良く目的地に向かいました。受付開始頃に到着し、さっそく受付を済ませ会場に。
ワクワクしながら着席。

(始まる前の会場の様子)


(準備万端だぜ!!)

勉強会開始 午前の部は「オリエンテーション、情報倫理」と「Web講義」。
講師の皆さんはなんと! 東京大学とか筑波大学とかの学生さんでした!

 情報セキュリティに関する知識について学ぶ前に、まずは倫理面のお話を聞きました。
法律面もかじっておこうねサービス提供元(国が違うこと)によって法律が違うんだよ脆弱性になり得ると思ったらIPAに報告しようねサービスの問題を発見したら、確証を得るまで調べず寸止めにしようね
と言った感じです。

Web講義

講義内容は、バグバウンティ制度※2はいいぞという話でした。
と言うのは冗談で、ここではHTTPの中身の確認の仕方とWebアプリの脆弱性(ディレクトリトラバーサルとSQLインジェクション)について学びました。講義は演習を挟みながら進んで行きます。
時間が押してしまい…